今宵も風俗嬢と一勝負

大切なのは感謝の気持ちでしょうね

風俗嬢だって一人の人間と言うか、あれこれ言われたらやっぱり腹立たしいって思う部分もあると思うんですよね。それならあれこれ言って聞かせるのではなくて、相手が聞いてくれるような物言いを心掛けるべきなのかなって思っています。上から目線であれこれ言うのではなくて、相手に対しての気持ちをしっかりと伝えることこそが、何よりも重要になってくるんじゃないかなって思うんですよ。それに、自分でもそうですけど「ちゃんとやれ」とか「もっと真剣にやれよ」とか言われるよりも、多少覚束なかったり、自分が予期している事は違う事であっても「上手だね」と褒めるくらいの余裕があった方が絶対に楽しい時間になるんじゃないかなって思うんですよね。だから風俗って自分でも結局何もすることが無いんじゃなく、自分のものの言い方次第なんじゃないかなって気持ちがなくもないんですよね。つまりはコミュニケーションというか、どんなかたちではなすのか。これは大切ですよ。

月一での真剣勝負の場なんです

風俗は月に一度ですね。遊ばない時もありますけど、遊ぶのであれば月一くらいですが、そこでは真剣勝負です。相手の女の子と自分の二人で最高の満足を得るための真剣勝負そのものなんですよ。だからこそ、相手選びに妥協はしません。むしろ遊ぶのは月に一度でも風俗のポータルサイトのチェック、口コミの収集は毎日のように行っていますので、その点ではむしろ風俗は生活の中心と言っても決して過言ではないんですよね(笑)遊ぶのは月に一度でも、業界そのものには毎日のように触れ合っているといっても決して過言ではないんですよ(笑)それだけに、風俗で遊ぶ時に心掛けているのは冒険よりも確実性です。好奇心がそそられるタイプの子もいるじゃないですか。プロフを見ていてドキドキする女の子はたくさんいますけど、安全策というか、「この子なら間違いなく楽しめるだろう」と思えるタイプの風俗嬢を指名するようにしています。そのくらいの決意が大切なんですよ。