今宵も風俗嬢と一勝負

短時間には短時間の良さがある

短時間でもまた、楽しめるのが風俗の素晴らしさなんじゃないですかね。むしろ長時間が偉いとか、長時間コースだけがすべてって訳でもないんです。遊びたいように遊べばよいんですし、それに短時間には短時間コースなりに素晴らしいことがあるのも事実ですよ。まず、あんまり詰め込み過ぎないようにと考えるので目的に対して最短距離を走ろうとするんじゃないですかね。長時間のコースだと風俗嬢ともっと話そうとか、距離を縮めようって思いますけど短時間だとそういったことを楽しんでいる余裕はありません。つまり、抜いてもらいたいだけであれば短時間のコースでも特に問題ないんじゃないのかなって思いますけどね(笑)むしろ短時間コースなのに無理に女の子とコミュニケーションを取ろうとして、話が盛り上がってしまってプレイの時間が短くなってしまったら悔いが残るかもしれませんので、さっくりと楽しむという目的があるなら短時間もありなんじゃないですかね。

風俗は無条件でも全然いいんですよね

風俗って別に無条件でも楽しめるんですよ。おそらく、風俗に対してあれこれ条件と言うか、こだわりを持っている人の方が圧倒的に多いとは思うんですけど、別にそういったこだわりがなければ風俗で遊べないって訳ではないんですよ。むしろ自分の好きなように楽しめばよいので、それこそ何をするでもなく、むしろ自分が感じたままに楽しむだけでもそれはそれで何も問題ないんです。それもまた、風俗の良さですよね。だって別に自分では何を考えるとかではなく、好きなように遊べばそれでいいんですよ。それによって、自分が満足出来るのであれば何も問題ないじゃないですか。だから自分もポータルサイトをチェックして、常にどういった形で遊ぼうかなと模索するケースもあれば、逆にあまり何も考えずに、自分というよりもむしろ相手の風俗嬢にすべてを任せて遊ぶ時もあるんです。こうした自由さもまた、ある意味では風俗の魅力と言えるんじゃないのかなって思いますよ。