今宵も風俗嬢と一勝負

ようやく分かった風俗の魅力

それまで何度か風俗には行ったことがありましたけど、自分の意志ではなく、同僚の付き合いだったんです。飲み会の後とか、出張した時に一緒にとか。つまり、自分の意思で風俗を楽しむって機会がなかったんですよね。だからそこまで風俗に対しての思い入れが生まれなかったのかもしれません。でも、最近ようやく風俗の良さに気付いてきたんですよ。自分の意志で行ったんです。初めてですよね(笑)その時、付き合いの時には自分の気持ちとしても「あくまでも付き合い」みたいな、ある異種のブレーキがかかっていたのかもしれません。でも、自分の意志で楽しむのであればブレーキなんて関係ないじゃないですか。だからこそ、思う存分楽しむしかないだろうって割り切って楽しむようになったんですけど、それが本当に楽しいんですよ(笑)こんなに楽しませてもらえるものなんだなってことに気付かされたので、風俗は自分から積極的に楽しむこともまた、大切なんだなって。

彼女の魅力は…

ファンタスティック、イリュージョン…まるで風俗嬢を褒めるような言葉ではないかもしれないんですけど、彼女の風俗嬢としてのテクニックに関しては、こういった言葉がピッタリかなって思いますね。これまでとは違うんです。彼女はまるで魔法でもかけてくれたんじゃないかと思えるくらい、こちらを快感に連れて行ってくれました。さらに言えば、その快感は並のものではありませんでした。とにかく素晴らしいもので、あれだけの快感を得たのは風俗でも珍しいかなってくらいです。だからこそ、冒頭でも言ったように、彼女を褒める言葉としてはイリュージョンとかファンタスティック、アメージングといったように、普段風俗嬢を褒める時に使うような言葉ではない言葉が頭の中に浮かんだんですよね。コミュニケーション能力も高かったですし、彼女に関しては使ったお金が全然無駄にはならなかったんじゃないかなって。まさに彼女こそお勧めの風俗嬢と言ってよいでしょう。